経済的自由を目指した子育て世代資産運用
個別株・海外ETF

【超便利!】個別株、海外ETF、ジュニアNISAはSBI証券で運用しています。

SBI証券で運用開始し、約1年が経過しようとしています。

実際に使ってみても評判通りのとても便利な証券会社でしたので、改めて有用性についてまとめてみたいと思います。

SBI証券:ネット証券口座数No.1

便利さだけではありませんが、実績として、ネット証券口座数No.1に輝いています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]口座開設をして損はありません。

SBI証券:国内株式手数料が安い!

※SBI証券ホームページ(国内株式手数料比較)

国内株式手数料において、アクティブプランが業界最低水準になっています。

個別株の売買が安くなり、とても有難いですね。

SBI証券:海外ETFの定期買付が可能!

海外ETFの定期買付はSBI証券のみ可能になります。自動的に決まったタイミングで買付ができますので、時間分散した上で自動的に積み立てることが出来、とても便利です。

海外ETFを買い付ける際は、以下2パターンがあります。

  1. SBI証券で円→ドル変換し、定期買付
  2. 他の銀行(例:住信SBIネット銀行)等で円→ドル変換し、ドルをSBI証券に入金後、定期買付

それぞれのメリット、デメリットを記載します。

①のメリット

  • SBI証券への円の入金も自動化出来るため、完全な自動化が可能

①のデメリット

  • 為替スプレッドが25銭/ドル(若干高い)

②のメリット

  • 為替スプレッドを安くできる(住信SBIネット銀行の場合、4銭/ドル)

②のデメリット

  • SBI証券への外貨入金の自動化が出来ない(入金する手間がかかる)

①の場合は完全に自動化できますので、手間が掛けれない方、忙しい方にはお勧めです。

②は他の金融機関を経ることになりますので、手間がかかりますし、外貨入金の自動化が出来ないため、毎回、買付のタイミングで外貨を入金しなければなりません。

ただ、為替手数料が安く抑えられるため、お得です。また、住信SBIネット銀行では自動的に円→ドルへの変換を設定できますので、そこまで手間はかかりません。

最後の外貨入金のみ手間がかかってしまいますが、私も②で毎月買付を実施しています。

SBI証券:ジュニアNISAで海外ETFが扱える!

こちらもSBI証券のみ対応可能です。また、ジュニアNISAを活用することで、海外ETF買付手数料が無料になります。とてもお得です。

ジュニアNISAの使い道は以下にも纏めております。

育メンが児童手当の使い道としてジュニアNISAを考える。子供が産まれると役所に届け出をすることで、児童手当を受給することが出来ます。(所得制限があるため、受給できない家庭も存在します。)その使...

なぜジュニアNISAをSBI証券で活用しているかは以下に纏めています。

ジュニアNISAはSBI証券がおススメ!メリット、デメリット、始め方を徹底紹介! そんな疑問に答えます。 本記事の内容 ジュニアNISAはSBI証券がおススメ!メリットはどこにある? ...

ジュニアNISAの実際の運用益も出始めてきましたので、見ていただけると嬉しいです。

【ジュニアNISA】実績公開(2020年5月)【eMAXIS Slim先進国株式インデックス】子供が産まれたときに行政の取り組みとして、最初にありがたいと実感したものは児童手当です。その児童手当について使い道をどうするべきか真剣に...

まとめ:SBI証券は有用な証券会社

クリック一つで海外ETFを買い付けることが出来、なおかつ自動化が出来、資産の世界分散が可能になります。また、手数料も安く抑えることができ、利用者側への配慮が圧倒的に多い証券会社だと感じます。

今後も業界の動向を確認しながら活用していきたいと思います。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA